実は知らなかった!?ことばの発達とかかわり方の基本

ことばとこころの相談室
オヤコサロンホアラの妹尾早織です。

・ことばが遅れているかもしれない
・ことばは出ているけど増えない
・かかわり方に悩んでいる
・療育を予約したけど数か月待ちそれまでどうすればいい?

発達相談をお受けしていて、特に多いご相談です。

特に年齢が小さいと成長を待てばいいのか、
それとも早めに動いた方がいいのか
迷われると思います。

療育よりも前に
今すぐおうちでできることがあります。

むしろ幼児期は
お父さん、お母さんのかかわりや
環境、生活リズムなど
家庭での過ごし方がとっても大切!!

「療育を受ける」=「ことばが出る」ではありません。

確かに専門家がプログラムを元に
かかわることでお子さまの力が引き出されます。

そして、客観的にお子さんのことを知ることができ、
どうアプローチすればお子さんが
力を発揮することができるのかヒントやコツを
教えてもらえます。

でも、それだけではことばの力は育ちません。

療育の本番は「家庭」です!

療育は月に1~2回程度。
当たり前ですが、基盤は家庭です。

療育で得たことを暮らしと繋げていくことで
ことばの力が育まれていきます。

実際に療育に来られているお子さまも
お伝えしたことを家庭で取り組まれていて、
会うたびにおこさまのことばやできることが
増えていてびっくりします(*^^*)

現在、療育に通っていない方も
かかわりにおけるポイントや
今大切にすることを意識して過ごすことで、
お子さんと共にことばを育むことができます。

そのために時間をとったり
教材を買ったりする必要はありません。

日々の生活の中でちょこっと
意識してかかわるだけで十分です。

その大事ポイントのひとつとして、

『ことばは教えない!』

意外に思われるかもしれませんが、

かなり重要ポイント!!

家庭で療育本番だからと言って、
お父さんお母さんが先生にならなくていいんです。

まずはどのお母さんにも知っていてほしい
ことばの発達の基本と
かかわりかたのポイントをお伝えしたいと思い、

【実は知らなかった!?ことばの発達とかかわり方の基本】

のテーマでお子さまの発達相談と共に
お話させていただきます。

キャンペーンとして
今だけ無料です♡

ご興味のある方はお気軽に
お問い合わせください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です