7月の予約可能日&梅雨の過ごし方

乳幼児のことばの相談室
『オヤコサロン ホアラ』の
言語聴覚士 妹尾早織です。

7月に突入しました。
梅雨の中休みで、
今日は気持ちよく晴れましたね(*^^*)

子どもたちも、梅雨の季節は
室内遊びが多くなるので、
晴れた日は思いっきり外遊びをさせて
あげられるといいですね!

このブログでも何度も書きましたが、
7歳までの子どもには
考えることはあまりさせず、
頭よりも体作りにエネルギー
注ぐことが大切です!

この時期に体作りをしておくと、
小学校に入学する頃には、
今度は考えたり、記憶をしたりする方に
エネルギーが使われるようになります。

なので、幼児の時期は
知的な遊びよりも
体を動かし五感を使った遊びを
しっかりしておくことをオススメします。

でも、「室内で何をして遊んだらいいの?」

特に梅雨の時期のお子さまと家で過ごし方に
悩まれている方も多いと思います。

私が考えるお子さまとの梅雨の過ごし方を
ご提案させていただきます!

雨の日の過ごし方

お手伝い

暮らしの営みを感じること、
自分にも仕事を与えられることは
子ども達にとっては喜びとなります。

そして、子どもは模倣する存在。
お母さんがしていることを
真似をして、真似を通して成長していきます。
お料理、お掃除、洗濯物をたたむなど、
一緒に楽しんでみてください。

手を使った遊び

テレビや動画を見たり、ゲームをしたりするのは
体を使っていないのは一目瞭然ですよね(^^;)

室内では粗大運動はできませんが、
手ならいっぱい使うことができます。

ままごと、折り紙、粘土、
お絵かき、工作はいかかでしょう?

一緒に手遊び歌をするのもいいですね。
ホアラではお手玉を使った遊びをしていますが、
お子さまたちは楽しんで取り組んでくれています。

・お手玉をかごに投げ入れる
(頭に乗せていれる、後ろ向きに入れるなど
バリエーションを変えるとさらに楽しい!)
・お手玉を頭に乗せて歩く
・歌を歌いながら交互にお手玉を受け渡す

見守る

せっかく家でゆっくり親子で過ごせるのなら、
この際、じっくりお子さまの遊んでいる様子を
ただただ見守ってみませんか?

5分でも10分でもいいです。
口出しせず、ただ見守る…
あまり経験はないと思いますが、
お子さまを関心を持って見守ることで、
今まで気付かなかったお子さまの成長や様子を
知ることができるかもしれません。

梅雨明けはまだ先となりますが、
梅雨が明けたら思いっきり外で遊べるので、
今は室内だからこそできることを
親子で楽しんでしていただけたらと思います♡


☆7月のご予約可能日をお知らせします。

12日(日)13時以降
13日(月)14時以降
21日(火)10時

となっています。

※日程は変更となる場合もあります。予めご了承ください。
※上記の日程が難しい場合もご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です