静と動のバランスが大切です

乳幼児のことばの相談室
『オヤコサロン ホアラ』の
言語聴覚士 妹尾早織です。

療育でフェルトボールを作りました(*^^*)

洗剤を少しだけ溶かしたお湯の中で、
羊毛を優しく優しく撫でながら
手のひらでコロコロコロコロ♪

そうすると、だんだんと
羊毛同士が固まってきます。

他の色も重ねていくと
虹色の羊毛ボールに♡

「恐竜のたまごだ!」
「雪だるまにしようかな~」
「ひよこみたい」
など形から子どもたちは想像力を働かせます♪

子どもたちは何も指示をしなくても
とっても優しく手のひらで転がしていました。
手の動き、力のコントロールの練習になりますし、
呼吸も自然と穏やかになります。

たくさん体を動かして遊んだ後は
落ち着いて集中するひとときも必要です。
この静と動のバランスが大切なんです。
静と動の繰り返しのリズムが
落ちつきと安定感をもたらし
呼吸を整えていきます。

そして集中力にも繋がります。

どんなことでもOK!
お絵かき、粘土遊び、手遊び
おままごと、お手伝い・・・
心を落ち着かせじっくり目の前のことに
集中して取り組む時間を作ってみてください。

でもお子さまが興味がないことを
無理やりはさせないでくださいね(^_-)-☆
そしてあまり介入しないこと!

お子さまが安心して遊びこめるように
寄り添ってあげてください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です