就学先の選択について

乳幼児のことばの相談室
『オヤコサロン ホアラ』の
言語聴覚士 妹尾早織です。

あっという間に1月も終わりそうです。
時が過ぎるのがあまりにも早くて
ちょっと焦ります(^^;)

年長さんは4月から1年生。

通常級か支援級か支援学校か…
どちらが我が子にとって過ごしやすいのか、
力が発揮できるのか、
悩まれる方も多いのではないでしょうか。

ホアラに通ってくださっている方も
夏頃から学校に足を運び、
話し合いを重ねて
奮闘されていましたが、
やっと進路が決まったと
ご報告をいただきました(*^^*)

よかった~♬

実際に入ってみないとわからない面もあり、
本当に学校の選択は保護者の方にとっては
大変な決断だと思います。

正解はありません。

現段階で我が子にとって
最良の選択をしたのであればそれが正解(*^▽^*)

大人の迷いや不安は子どもに伝わります。
安心して入学を迎えられるように
「あなたなら大丈夫!」と自信を持って
背中を押してあげてください。

そして「その子らしく過ごせる場所」であること。

周りに合わせることを強制され
その子らしさが失われないよう、
発達、個性、特性を認めてもらい、
ありのままの自分を出せる場所であることが
一番ですよね。

そうすると
「難しそうだけど、みんなと同じことがやってみたい!」
という思いが自分の内から湧き上がって
困難と思われていることにも
挑戦できるようになるかもしれません。

自分の力以上のことを
強制されてできるようになっても
それは真の力ではありません。
心が疲弊し傷ついているだけです。

どうか子どもの内からの力を信じ、
見守り、促してくれる
先生を始め素敵な大人たちと
出会えますように♡

ホッとしたのも束の間、
学校説明会、体験入学、物品販売、
卒園式等々、これから3月まで
忙しい日が続くかと思いますが、
体調に気を付けながら
新生活に向けて元気に過ごしましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です